Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

心のサプリメントにオススメの1冊 / とにかくウツなOLの、人生を変える1か月

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

はあちゅうさんの初小説

とにウツ、さっそく読みました。

人生で一番大切なのは思考

はあちゅうさんの本、

毎度のことながら文章が心地いい。

スーッと身体の中に入ってくる感覚。

仕事で疲弊し、やりたいことができずに

悶々と過ごすアラサーOLの奈緒が、

モデルでメンタルジムを経営するヒカリと出会い、

幸せになるために人生を変えようと

奮闘するストーリー。

ビジネスパーソンならあるあるの悩みに対して、

ヒカリが本質をつきながら対話していくので、

共感の連続!

ヒカリの名言集を選んでみました(ヽ´ω`)

欲しいものは欲しい、と思った時に買うのが一番いいし、タイミングを逃したら、価値は下がってしまうと思うんです。

人に押し付けられたことを無理やりやったら、結局また、その人のせいにしてしまうでしょ。

幸せにあんまり条件をつけすぎると、条件を満たさないと幸せって思えなくなるわ。

意志の弱い人間なんていない。自分は意志が弱いと思っている人と、強いと信じている人の二種類がいるだけ。

事実は変えられないけれど、意味付けは、自分で変えられる。

人生で一番大切なのは思考だなぁ、と改めて。

思考の癖ってあるから、意味付けがおかしくなっても

気付けないんですよね。

心のサプリメント、持ってますか?

ぼくはすごく不思議に思うんですけど、

心って目に見えないからか、過信してることが

多いんですよね。

38度ぐらい熱が出て、下がらなかったとしたら

誰もが病院に行くはずなのに、

心が沈んでいて、なかなか気持ちが上向きに

ならなかったとしても、自然によくなると過信する。

あとは「怠けてる」「気合いが足りない」といった

精神論にいきがち。

だから、ヒカリのような存在はすごく大事。

ぼくも、産業カウンセラーのおかげで、

メンタルを鍛えることができた。

人間不信になることが立て続けに起きて、

人生に疲れてしまい、自殺を毎日のように考えていた時、

わらにもすがる思いで行き着いた産業カウンセラーの元で

ぼくは助けてもらうのではなく、

ありのままのぼく自身に気付かせてもらい、

まさにこの奈緒とヒカリのような関係性で、

数年間やってきた。

おかげでぼくは変わることができた。

この本にも書かれてるとおり、

カウンセリングという言葉が、まだまだ重い。

もっとライトなものになれば、

誰かにもっと頼りやすくなる世の中にもなるはずだ。

野球でもゴルフでも、間違ったフォームで

いくら練習したところで上達しないように、

ズレた思考でいくら現状を変えようとしても

うまくいかない。

理想は、ヒカリのような心のサプリメントを

誰もが持つことなんだけど、やっぱり難しい。

最後に

悩みなんて星の数ほどあるけど、

根底にある考え方、思考の癖って共通するところが多い。

それに、ヒカリのような居心地がいい距離感の

メンターと出会える可能性は誰にだってある。

なかなか言語化できないモヤっとした悩みを持つ人や、

心のサプリメントが欲しい人には特にオススメの本です。

では最後に。

自分が何かに一生懸命な時って、誰かを変えようとしなくても、誰かに影響を与えられるのかもしれない。生きる態度というのは、ちゃんと、人に伝わるのだ。

まさにこの本が、このフレーズのとおりなんです。

はあちゅうさんは、人に元気を与えるために本を書いたのではなく、

一生懸命に文章と向き合って作品を作るから、

心のサプリメントだと感じたり、背中を押されたり、

読んで元気になるほどの影響を与えられる。

ぼくも、より一生懸命に生きて、子供たちに影響を与え、

いい生き様を伝えられる存在になろう。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - 書籍