Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

熱狂は人を動かし、すべての不安を打ち消してくれる

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

今週末、ぼくが所属していたオンラインサロン

ちゅうつねカレッジのセミナーに

久々に参加してきます。

ゲストがダイヤモンドダイニング社長の松村さんなので、

ベストセラーの著書、

『熱狂宣言』を読んでみました。

熱狂は人を動かし、すべての不安を打ち消してくれる

松村さんは、パーキンソン病という難病にかかっています。

身体の自由がきかなくなったり、

話すことが困難になることが突然起きる等、

日常生活すら困難になるレベルにも関わらず、

具体的な治療法が確立されていない難病です。

その状態で、100店舗100業態という、

飲食経営で誰もやったことがない偉業を達成した松村さん。

飲食店をやったことがないぼくですら、

100店舗すべてが違う業態なんて、面倒だし非効率でだし

人手もかかるから、コストもリスクも大きくなる

大変な手法だというのはわかる。

前例がないことを成し遂げたわけですから、

ふつうにみると超人に見えるものの、

病気の心境をこのように表現しているのが印象的でした。

ふと気が付くと、考えていることの90%が病気と病気にまつわることになっている。
悔しさが込み上げて、鬱々として、気が付くと涙が流れていることもありますが、そんな時には、やっぱり仕事をするんです。

素人からみると、病気の苦痛に打ち勝っているように

見えますが、ぜんぜんそんなことはなく、

ただ病気に「負けない」。

これをひたすら繰り返されてるんだな、と思った。

そしてそこにセットであるのが『熱狂』

僭越ながらぼくが思ったのは、熱狂の原点は

サイゼリアでのアルバイト経験なのかな、と。

だからこそ、記念すべき1店舗目の

ヴァンパイヤカフェのオープン直前に

シェフが逃げても、仲間からの助けがあったり、

非効率極まりない経営にも、徹底的な研究を

することで、うまくいかないと言われた

前評判を跳ね返してる。

目標を超えていくポテンシャルは人にこそあると知り、レストラン経営や外食の経営者として成功したいという野心から「他者のために何ができるのか」と考えるようになった。

他者のためにも熱狂できるからこそ、

たくさんの人がついてくるし、

支えてくれるんだろうなぁと

読んでいて強く思う。

熱狂は人を動かし、

すべての不安を打ち消してくれる。

そんなことが読者側にも伝わる熱狂ストーリーです。

何かを始める人が増えるこの季節だからこそ、

おすすめの一冊です。

人懐っこさと、人のことを徹底的に思いやる心、

誰よりも謙虚でハングリーで、広い視野を持っているところが

魅力だと語られている松村さんにお会いできるのが

今から非常に楽しみです。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - 書籍