Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

人を批判するのってめちゃくちゃ大変ですよって話

   


スポンサーリンク


SNSから一定の距離を置くようになってから、気づいたことがある。

「誰かが誰かを説教してる」率、高くないですか?

人を批判するのって、実はすごくハードルが高いのに、簡単に批判や説教しすぎじゃないですかね。

ということで、なんでハードルが高いのか、2つの理由を書きます。

1.批判が事柄をむいてる?人に向いてる?

ここでピンときてる人は読み飛ばしてください。

ようは、相手の意見や事柄は否定しても、人そのものを否定しちゃダメでしょって話。

批判する時って、感情が高ぶってる時だから、本当は意見や事象だけを批判しないといけないのに、その先を超えて、人そのものまで批判しがち。

これは人格否定。

とはいえ、学校教育の弊害で、意見の違いを言っただけなのに、人格を否定されたと思い込んでしまうこともあるので、伝え方は大事ですが。

仕事でも、良い上司はみんな理解していて、仕事のやり方は否定するけど、人格まで否定しないんですよ。

「この資料は数字の見せ方がわかりにくい。こうしないとお客さんには理解できないから、今後は気をつけて」

「この資料の数字の見せ方がわかりにくい。こういう細かいところが適当だからモテないんだよ」

前者と後者、全然違いますよね。後者は事柄の否定から人格の否定へ繋がってます。

冷静な時はなんともなくても、イラッとした時、人格否定までやっていないか?

まずここを見極めるのが、1つめのハードル。

2.あなたの身内にも同じこと言えますか?

2つめのハードルが、意外と難しい。著名な人でもやってしまいがち。

わかりやすいように、パワハラを始めとした会社でのトラブルに着火しやすいAさんがいたとする。

ここで、こんなニュースが入ってきた。

Bという上司がCという部下をパワハラした結果、Cが鬱病になり、子供の頃からやりたかった仕事を辞めざるをえなくなった。

もし、AがBを全く知らない場合どうなるか?

AはTwitterでBの言動を批判するでしょう。

では、AがBと仲良しだった場合どうなるか?

Bも、成長してもらいたくて熱が入ったんだろう。最近の若い人は怒られることに慣れてないから、重く受け止めすぎたんじゃないのか。

批判対象となるBが、知ってる人かそうじゃないかで、反応が全く変わるわけです。

特に仲良しのBと利害関係があればなおさら。

つまり、自分が物申したいこと(着火ネタ)があった場合、批判の対象が身内かどうかで、態度変えてませんか?ってことです。

ここを変えない人であれば、批判すればいい。

ただ、相手によって批判する、しないを変えているのであれば、どこまでいってもポジショントークであり、綺麗事でしかない。

まとめ

この2つのハードルをクリアした「健全な批判」なら、ぼくはいいと思うんです。

ただ、意外と難しいんですよ、これ。

もしかしてドキっとしたり、周りにもいたりしませんか?

特に2つめの、同じ事象なのに、相手によって批判する・しないを変えることは、無意識にやりがち。

自分に仕事をくれる人だったり、その相手を批判することが自分のデメリットになる場合、批判しないんですよね。

じゃあさ、簡単に人を批判するなよってわけです。

見知らぬ人がパワハラしたら糾弾するくせに、身内だったらだんまりするんだったら、最初から黙っとこう。

こういう、正義を行っているように見えるポジショントークは、見てる人は見てます。

人を批判するのって、めちゃくちゃ大変なんですよ。

では、また。

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - ニュースキュレーション