Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

日本人はNoと言えないんじゃない、Noと言わせない伝え方をしているだけ

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

創刊号から購読している、OH!!MY!!GACKT!!

今月から月1の生放送に変わることになりまして、
記念すべき1回目のゲストはあゆでした!

この中の会員限定コーナーでのお話で、
すごくタメになることがあったので紹介しますね。

Noと言えない日本人は本当か?

「Noと言えない日本人」

「Yesマン」

日本人の受け身な姿勢を批判する時に
使われる言葉ですよね。

ただ、この背景には、
ふだん交わされる会話のやり取りが結構関係していて、
日本人って、
Yesを前提とした聞き方をしがちなんですよ。

「ここ座っていいですか?」

「これ取ってもらってもいいですか?」

「これやってもらってもいいですか?」

普段何気なく使ってるこういう類の言葉って、
本来だったら、
「Yes」と「No」ってイーブンなわけです。

Yes or Noな質問なわけですから。

だけど我々は、
「ここ座ってもいいですか?」
と聞いて、
「No」
と言われると

「なんで!?空いてるじゃん!なんでダメなわけ?」

となりがち。

他のことにしてもそう。
つまりこれって、
Yesって言ってくれることを期待した聞き方なわけです。

これはフェアじゃない。

Noと言わせない聞き方を改めよう

こうなると、もはや質問じゃなくて
誘導尋問のほうが近い。

聞く前から、返ってくる言葉をこちらの中で
作っておいて、それと違う言葉がくると
「え!?」となる。

大体こうなるとコミュニケーションが
ぎくしゃくするから、
Noと言って面倒なことになるより、
Yesを選びがちになる。

これが
「Noと言えない日本人の本質」
なんじゃないかってのが、
GACKTさんが語っていて、腹落ちした。

Saya0I9A4209072170656 TP V

最後に

Noと言えない日本人を批判しているようで、
実はそういう文化を作ったのは
ふだんのコミュニケーションだった
っていうわけですよ。

ここもやっぱり「教育」にいきつくのかもしれないけど、
真理を探究していきたい分野ではある。

というわけで、Yesマンにさせがちな
コミュニケーションを取っていないか、
ぜひ見直してみると面白いと思います。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - 日記