Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

1年の振り返りは日常のありがたさに気づくキッカケ

      2016/01/26


スポンサーリンク


こんにちは。

2015年の振り返り記事を4回に分けて書いたら、

日常のありがたさに改めて気づいた榊原(@ms_rebirthink)です。

過去を振り返るって、やる人もいればやらない人もいる。

そんなわたしも、過去はあまり振り返らないほうで、

なるようになるさ!だったりする。

でも、振り返りをしてみて思ったことがあるので、

今日はそれについて。

非日常だけじゃなく、日常も意識できる

たとえば、災害が起きるとか、

誰かが亡くなるとか、結婚するとか、

そういう “非日常” なことって、

すごく記憶に残るんですけど、

友人と遊んだ、美味しいものを食べた

行きたいところへ行った、ということって、

人にもよるけど、そんなに特別なことではないんですよね。

Sunset seas ocean

なんとなく楽しかったな、充実してたな、と

思うんだけど、あくまで、なんとなく。

それが写真や出来事で振り返ると、

その時の想い出が感情とセットでよみがえる気がします。

つまり、日常を意識できるんですよ。

これって、たまには大事なんじゃないか?と思うんですよ。

日常のありがたみに気づくと1日1日の過ごし方が変わる

たとえば

  • 忙しい友人が時間を作ってくれた
  • なかなか予約が取れないところへ行けた
  • 誕生日にこんなものもらった

なんでもいいと思うんですよ。

もともと、この国には、一人で何かを成し遂げることを

美徳だと感じやすい価値観が備わっている。

もちろん、それはそれで良いことなんだけど、

自分がやりたいことや夢を実現させるためには、

仲間だったり、周りの力が最後のひと押しになることが多い。

Poetry poetry album old font poem saying memory

自分の1年を振り返って、あぁ、これ楽しかったな、

というものは、楽しいと結論づけるに至った要因があるはず。

その要因は、大抵、身近な友人だったり、仲間だったりすることが

多いんじゃないか?

手先が器用な人は、自分のことを特別器用と思わないように、

自分の強み、特徴って、自分では普通のことだと思ってる。

だから、そんな大事な日常を過ごせていることも、

自分では普通のことだと思ってしまう。

たまに、写真や文章といっしょに振り返ってあげることで、

日常のありがたさに気づくキッカケになるんじゃないかな。

さて、今日はこの辺で!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - 日記