Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

父親が火事にまきこまれて、改めて感じた教訓

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

土曜の朝6時台に、知らないところと父親から

電話がきていまして。

7時過ぎに気付いて、留守電聞いてみたら、

職場の介護施設で火事が起き、

救命病棟に運ばれたとのこと。。。

大丈夫だろう、という気の緩みが事故に繋がる

この68歳の男性職員というのが父親です。

幸い、命に別状はないものの、

しばらくICUでの生活になることから、

入院手続きやその他もろもろの書類とか

入院に必要なものとか揃えるために

慣れないことをやりまくったので

疲れました。。。

というわけで、インフルエンザの時すら

毎日更新していましたけど、

たまには手抜きしたっていいよね。

で、1つ言わせてもらうと、

大丈夫だろう、という気の緩みが事故に繋がるんですよ。

マジで。

Pexels photo 38712

まきこまれた側はたまったもんじゃない。

ただ、生きていること以上に大切なことってないですね。

「命にかけても」とか「命けずって」というセリフ、

何かを頑張るときの代名詞になりつつある。

ぼくは、命より大事なものって、何一つないよな、と思ってます。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - ニュースキュレーション