Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

なにかを悪者にしたがる人たち

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

日本小児科医会が2013年に公表した

『スマホに子守りをさせないで!』というのを

初めてみました。

↓といい、何かを悪者にしたい人多いなぁ…と改めて。

道具に善悪つけてる大人に教育の資格あるのか?

これはスマホが普及する前らしいので、

よく知らないもの=怖い=危ない!

という単純な思考パターンでしょう。

で、ホームページ見たら、親たちへ向けて

こんなセミナーをやるそうな。

パネルディスカッション_チラシ表面_カバーpic

いやぁ、、、すごい。

ここまでスマホを悪者にするって、徹底してますね。

スマホをただの携帯電話、ゲーム機としか

思っていないんだろうなぁ…。

スマホはもう一つの脳であり、

物理的な距離や社会的地位を超えて

誰かと何かと繋がれる道具なのに。

ただの道具である以上、使い方次第なんですよ。

包丁は料理を美味しくする使い方もできれば、

殺人の道具にもなる。

「本当は怖い包丁!」なんて広告があったら

どう思うか?って話ですよ。

不思議なことに、スマホ、SNS、インターネットに

関してはネガティブ面ばかりに着目した

教育が目立つので、ぼくはポジティブ面に

着目した教育しかやっていません。

というか、それでバランスとってる感じ。

ネガティブ教育がもたらす弊害

なぜ、ぼくはこういうことにぎゃーぎゃー

言うかというと、不安を煽るだけのセミナーに

出ることって弊害がめちゃくちゃ大きいんですよ。

思考の癖って誰にでもあり、しかも影響を受けるので、

こういうのに参加すると、

いろいろなことに対して、ネガティブ面が

目立つようになっちゃうんです。

つまり、ポジティブなところを見ようとせず、

○○な問題が起きたらどうしよう、○○な危険がある…

とそういうことばっかり気にするようになる。

その結果、とりあえずやってみる、やらせてみる、という

挑戦癖がなくなり、行動できないor遅い人間になる。

これはそのまま子供にコピーされ、

これからますます大事になる、

好きなことを見つけて打ち込み、それを生き方、働き方へ

繋げていくことに逆行します。

ワンクリックで誰でもどんな情報でも

アクセスできるわけだから、不安材料なんて

探そうと思えばどんなことですら山のように出てくる。

スマホなんかより、こういう不安を煽る人たちのほうが

はるかに危険であることに早く気付いてほしい。

Pexels photo  1

最後に

つくづく、情報リテラシーの大切さがわかる。

コーチがダメだと全部がダメになるからね。。

ぼくも保護者へ向けての活動もやっていかないとなぁ。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - ニュースキュレーション, 教育