Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

自分が幸せになって、相手から悔しがられることが最高の仕返し

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

最近、Facebookの運用を変えました。

すっごく内輪的な投稿以外は、全体公開にしたんです。

とりあえず、過去1年分ぐらいの投稿の公開設定も変えました。

理由はタイトルにあるとおり。

(タイトルは半径5メートルの野望の好きなフレーズをもじりました)

気持ち悪い人たちから逃げたかった

ぼくは、2013年に1年間、ECのベンチャー企業に

居たわけですが、昼ドラ化できるぐらいの

ドロドロの人間関係でした。

見た目は大人!中身は中学生!みたいな。

で、マトモな人は辞めていくわけですが、

ネタが欲しい中学生の人たちは、

仕事ではなく自分たちの自己肯定感を

満たすために、生贄にする相手を探し続けます。

んで、ぼくはその被害者のひとりであり、

まぁ、おもしろい体験をいろいろしました。

当時は、メンタルが壊れる一歩手前だったし、

ネットストーキングもされていたので、

徹底的に壁を作ってたんです。

設定も非公開にしたし、

対象のアカウントもどんどんブロック。

で、時は経ち、その会社のせいで

飯田橋・神楽坂すら嫌いになったほどでしたが、

仲間たちのおかげで、嫌いではない街に。

IMG_4291

で、最近はさらなる変化が訪れます。

デメリットがメリットに変わった

ありがたいことに、ぼくが会ってみたいなー

と思ってた人からFacebookをフォローされることもあり。

その時、ぼくの情報って、友達にならないと

一切見れないんですよね(笑)

これは機会損失だろう、と思ったわけです。

それと同時に、1ミクロンも成長していない連中に

また見られたところで、逆に悔しがられるから

そっちも得じゃん!と。

人として成長できる人ならば、悔しがらせることは

ガソリンになって、成長を促進させられるのですが、

誰かを叩くことで、相対的に自分が上であるように

見せようとする残念な人間たちは、

成長が止まっているので、

悔しがらせることは最高の仕返しになるんですよね。

そりゃあ、自分たちが「やっつけた」と思った人が

独立して、少しずつ結果を出しつつ、

Amazonで一流の人たちに囲まれて仕事をしつつ、

ぼくが尊敬する経営者の夏野剛さんから

事業内容を支持してもらえ、

お互いに切磋琢磨できる仲間たちに

囲まれて生活しているわけですから、

悔しくてたまらないんじゃないですかね。

12006519_994647690597158_2603491681243871764_o

だったら、せっかくフォローしてくれた人たちへの

機会損失含め、デメリットのほうが大きいから

フルオープンでオールオッケーだよ!と。←いまココ

それに、もしここを読まれたとしたら、

必死に粗を探して、ぼくのいないところでネタに

するんだろうけど、そんなつまらない時間の使い方しか

できない人間と関わることは、今後のぼくの人生において

ないので、お好きにどーぞ、という感じです。

むしろ、ぼくは、こうしてブログネタにもできて、

同じ苦労をした人の気持ちも理解してあげられて、

前にしか進んでないので、この差は圧倒的ですよね。

Shared img thumb OOK863 kekkonshiki TP V

最後に

これも多分、毎日なにかを書くようになったから

起きた変化でもあると思う。

ブログ塾に入って本当によかった。

毎日書くには、日常生活でも物事を見る視野を

よりクリアにしないとネタ切れになるし、

考えて発信する習慣ができることで

「隠す」ことから「オープンにする」ことへ

思考も変化したんだなぁ、と。

というわけで、これからは、ますます

フルオープンでいようかなと。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - 日記