Rebirthink Official Site

これからの時代の居場所作りと自己実現へ

なんでも無料にすればいいってもんじゃないですよ

   


スポンサーリンク


どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。

昨日の舛添都知事の記事でも書いた、マインドが大事だという話。

pen-idea-bulb-paper.jpg自分が経験した苦労をなくさせることこそイノベーション
どーも、榊原(@ms_rebirthink)です。 ちょっと前の記事ですが、 続投を表明した舛添都知事ブームに乗ってみる。 給付型、...

Twitterで話題になってた以下の記事もまさにそう。

無料化って、ただの手段でしかないんですよ。
今日はそのことについて。

教育格差は教育が無料になれば解決するのか?

ぼくもこの記事と同じく、解決しないと思っている。

なぜなら、すでにほとんど無料だから。

iTunes Uとか、MOOCsとか、
世界中の専門的な授業が見れるし、
各学問を専門的に取り扱っているサイトだってたくさんあれば、
見識がある人の意見はブログやSNSで得られる。

そういうものが探せないなら、リクルートのスタディサプリでもいい。

これらはすべて、スマホとネットがあれば、
ほとんどが無料、もしくは月に1,000円以内で抑えられる。

そういう意味での格差だったら、昔のほうがはるかに大きかった。
どこかの場所にいかなければ学ぶことができなかったんだから。

にも関わらず、カネがある・ないによる教育格差が叫ばれ、
無償化や返済不要の奨学金の声が叫ばれるのはなぜなのか?

経済格差よりも、違うところに問題がありそう。

気にするべきはマインド格差!

要するに、日々の生活が追い風になるか逆風になるかの差がデカイのだ。これに比べれば、スタートラインの差など無いに等しい。
教育費を無料にした所で、大学に遊びに行くバカと、目標持った優秀な学生に二分されるだけ。

結局コレなんですよね。

学ぶ=学校 という時代ではないし、
様々なツール、仕組み、人を使うことが大事で、
そういう思考ができれば、
社会に出てからもずっと使えるスキルになります。

むしろ「無料で一方的に提供されるもの」を
学ぶことだと認識すると、
応用が利かなくなってかえって危険です。

ただ、この「学校以外でも学べる現実」を
公教育ではなかなか知る機会がないから問題
なんですよね。

どこの家庭に生まれたか、
ようはスタート時点で差があるのはどうにかしないといけない。
ただ、それがイコール無償化なのか?と言われたら、ぼくは疑問。

Sky clouds garden school

最後に

これって会社でもそうで、
社外での勉強費用を全部会社負担にしたところで
みんなが活用するかといったら違う。

で、それを活用するような成長意欲がある人って
会社負担の仕組みがあろうがなかろうが
自分でがんがんやってくんですよね。

別に福利厚生を軽んじてるわけではなく、
目的が格差の是正なら、もっと違う視点もあるよ、という話でした。

さて、それでは今回はこのへんでー!

---
LINE@やってます!仕事の依頼、悩み相談、なんでも受け付けてます! 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
メールの宛先は、
sakakiharaあっとまーくrebirthink.jpまで。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめ健康アイテムまとめ

「これ便利!」と本気で思えるよ。おすすめグッズまとめ

まーくんnote
有料noteも出してるので、よろしくお願いします!

逃げることは悪いことじゃない。高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。
another lifeさんからの取材記事

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話
STORYSに自伝書きました

Facebookページ
イイね!お願いします!

 - ニュースキュレーション, 教育